海外活動

News&Report

ルワンダスタディーツアー&学校訪問

 
ルワンダスタディーツアー&学校訪問 世界平和女性連合


  • 地元の小学校で折り紙交流
    ニューホープ技術専門学校
    歓迎会開会・姉妹・兄弟結縁式


  • ニューホープ技術専門学校歓迎会
    ニューホープ技術専門学校歓迎会


  •   支援記念プレート除幕式
    支援記念プレート除幕式

     
  • ルワンダ下院副議長との交流・国会議事堂見学
    ルワンダ下院副議長との交流
    国会議事堂見学


  • 着物の着付け体験
    着物の着付け体験


  • 習字体験
    習字体験


  • 習字体験
    習字体験


  • マッサージ技術指導
    マッサージ技術指導


  • 意見交換会(2010~2015 年度卒業生)
    意見交換会(2010~2015 年度卒業生)


  • 卒業生Silivir(シルビア)
    卒業生Silivir(シルビア)


  • 卒業生Azuma(アズマ)
    卒業生Azuma(アズマ)


  • 卒業生Mariam(マリアム)
    卒業生Mariam(マリアム)


  • 里親と里子の奇跡的対面
    里親と里子の対面



【ニューホープ技術専門学校訪問&スタディーツアー】
・2016年6月6日~29日ルワンダへの学校視察
・2016年6月11日~20日まで8年ぶりのスタディツアー
・日本から7名が参加
・ニューホープ職業訓練校での歓迎会
・姉妹結縁式、国会議員訪問
・スタディツアーの様子、田中さんのマッサージ技術指導の報告
・卒業生ミーティング・意見交換会
-----------------------------
■ルワンダ共和国■

●ニューホープ技術専門学校歓迎会開会・姉妹・兄弟結縁式
遠い日本からルワンダに来てくれたことに非常に感激し、日頃から懇意にしているルワンダの方々が歓迎会に駆けつけてくれました。
その方々との姉妹・兄弟結縁式を行い、お互い不思議と雰囲気の似た方同士が姉妹・兄弟になりました。

●「ニューホープ技術専門学校、授業見学」
洋裁コース・美容コース・料理コースの3コースがあります。
担当教師が熱心に説明してくれました。日本とは違った道具や指導方法にスタディーツアーの参加者からの質問も沢山ありました。

●「支援記念プレート除幕式」
2014年、前田さんより美容コースへ支援金を頂き、それに対する記念プレートの除幕式を行いました。
その支援のおかげで教室を改築し、より実践に近い設備で実習ができるようになり、生徒も教師も大喜び。就職率もあがりました。

●ルワンダ下院副議長との交流・国会議事堂見学
ルワンダでは、1999年より遺産相続制度改革(女性の遺産相続を許可)し、女性の生活を後押しする貴重な制度になっています。
クオータ制を導入していて、意思決定機関の30%は女性にするよう憲法で定められています。
この制度は大統領のリーダーシップによって、確実に実行され、これが女性達の活躍を支えている大きな柱になっています。
また、ルワンダ下院副議長ガクバ氏は、「女性の社会貢献とは、女性のアイディアを出しながら、男性とともに前進していくということです。」とも言われました。
ガクバ氏も1人の妻として、母親として、家庭と仕事の両立は永遠の課題とのこと、共に過ごす時間の長さより、どのように過ごすかを大切にしていますと語られました。

●「日本文化紹介」
参加者の前田さん、安川さんを中心にお茶と着物の着付け体験をしてもらいましたが、ルワンダの皆さんは初めて飲む苦いお茶に顔をしかめたり、平然と味わっていたりしていました。
また、大櫛さんと田中さんを中心に習字体験をしてもらい、初めてみる漢字に興味しんしん、「平和って書いて!」「私の名前書いて!」と沢山のリクエストがあり、一つ一つ丁寧に対応してくれた二人でした!

●田中さんの全身マッサージ技術指導
卒業生から出た要望の一つでもある、全身マッサージの指導を行いました。在校生プラス、卒業生3名が参加しました。 皆、驚くほどに習得が早く、マッサージの技術の需要があることや卒業生などのアドバイスも手伝って、確認テストも良くできました。 
    卒業生の1人のアザマは職場から一日だけのお休みをもらって遠いゴマからミーティングに参加しましたが、どうしても全身マッサージを習得して帰りたいと上司に許可をもらい、この期間ラマダーン(イスラムの断食月)であったにも関らず毎日参加しました。
6月24日の最終日には、卒業生3名のみの終了式を行い、修了書を授与しました。  卒業生の1人は、「以前にもらった卒業証書とあわせて2枚の修了書をもらった!」と自慢げでした。田中さん、今年もありがとう!

●美容コース卒業生ミーティング
2015年度の美容コース卒業生16名に集まってもらい、就職先の状況と昨年度、田中さんのマッサージ技術指導に対する効果などをフィードバックしてもらいました。
職業訓練校で学び、マッサージができたから職を得たという卒業生や、ヘアアレンジ以外にもマッサージができるということで、職場に残ることができたという卒業生もいて、予想以上によい結果が出ていたことに学校スタッフ一同、驚きました。
ルワンダでも現在、ヨガやマッサージのブームが始まっています。

  ●意見交換会(2010~2015年度卒業生)
 2010~2015年までの卒業生(全コース)対象にラジオで呼びかけ、現在の状況などを把握と技術プログラムの見直しのために意見交換会を行いました。
平日だったため、無職の卒業生も多く集まりました。が、グループでの起業を切望する声も多く、希望者には学校としても協力していることを話しました。

 ●卒業生からのメッセージ
 ☆卒業生Silivir(シルビア)より。
「学外実習が終わって、就職先をいくつか探したけれど見つかりませんでしたが、地元で、口コミによりマッサージを習っていたことが広まって、マッサージ講座を持つことができるようになりました。 週に2~3回、少しずつ教えることでその報酬も頂き、就職はできていないけれど、生活に必要なお金は稼ぐことができています。美容室での就職の機会があれば、挑戦していきたいです。」

 ☆卒業生Azuma(アズマ)より。
「私は、学校在学中の学習態度はよくなかったのですが、コンゴ民主共和国との国境近いゴマというところで、就職できました。言葉や文化の違いも大きく、スタッフのほとんどは男の人だったので、一緒に働くのが難しく感じることがありました。ある日、お店がスタッフ削減をすることになったのですが、私は、マッサージができる!ということで、残るグループに入れてもらえることになり、今も同じところで働いています。マッサージのお陰で首がつながりました。」

 ☆卒業生Mariam(マリアム)より。
「担任の先生により紹介されたところで教師として職業訓練校に就職しました。私は二人の子供がいますが、私の生活ペースに非常にあった仕事で夫も賛成してくれています。ある時、アメリカから学校へ視察団が来た際、自分はニューホープで技術を学んだことを説明すると、その内容やマッサージの授業を受けたことなどにとても感心していました。続けてマッサージの授業を行ってほしいです。私は、ニューホープの卒業生であることをとても誇りに思いました。」

  ●卒業した里子が訪ねてきて、偶然里親と対面
GATETE Francois(ガテテ・フランソワ)くんは2013年、料理コースで学び、福岡の力武暁さんの里子でした。学外実習を5つ星ホテル「セレーナホテル」で行い、ホテルの評価もよくそのまま仮就職しました。パートタイムなどを経て、現在、正式に採用され、苦しい生活から一変、安定した生活を送ることができるようになって貯金もできたと、活き活きとした表情で語ってくれました。何かに引き寄せられるように、里親だった力武暁さんの滞在中に、偶然学校に訪ねてきて、思いがけぬ出会いに二人とも大喜び! こんな出会いもあるものだと感動しました♪

 
 ●派遣員からのメッセージ
支援者の方々のルワンダ訪問は、プロジェクトの視察はもちろんですが、学校関係者や関係省庁にWFWPの活動をより深く理解してもらう機会としても有難いものです。
手作りのスタディツアーですが、いろいろな交流を通して、お互いの距離が縮まり、ルワンダの人々との絆が生まれ、地球家族を実感しています。
このプロジェクトが多くの方々に支えられていることに感謝し、ルワンダの人々の幸せに貢献できるように、努力していきたいと思います。

(ルワンダ派遣員)
 
 

 
 

海外活動