国内活動

大阪海外プロジェクト支援チャリティーフェスティバル<2016>

 
第25回WFWP海外プロジェクト支援チャリティフェスティバル


  • 大勢の人でにぎわう会場


  • バザー会場


  • 開場前の長蛇の列


  • 海外派遣員ブース


  • 派遣員のブース


  • タイ奨学金支援


  • 食品の販売も


  • 宴会場でのエンターテイメント
    コーヒーとケーキをいただきながら



■海外支援チャリティーフェスティバル

~海外支援ボランティア活動のためのチャリティーバザー~
・開会の11時を待って長蛇の列
・素晴らしいエンターテイメント
・800名以上の来場者

-----------------------------

【今年で開催25年目】
  大阪での海外支援チャリティーバザーは、今年で25回目を迎えます。
WFWP大阪全体の大きなイベントで、大阪第1連合から第19の連合会と、和歌山第2や奈良第2・第4の連合会も参加し、海外支援のための合同のチャリティーバザーを開催しました。

【会場前から長蛇の列】
  会場は千里阪急ホテルの2F全体を借り切って行っております。
毎年の開催を楽しみにしている方たちが、開会時間前から長蛇の列で、今年は800名を超える多くの方にお越しいただきました。
近隣の方もお越しいただく毎年恒例のイベントとなっています。

【バザーや委託店舗などのコーナー】
 食器、衣類、家庭用品などの皆さんからの提供品を販売するコーナーや、海外でボランティア活動をしている、アフガニスタン、ホンジュラス、ジャマイカ、ベリーズ、ベラルーシ、タイなど8か国の派遣員のコーナー、お母さん塾の16のグループ、委託店21店舗も参加してくださり、どこも大盛況のにぎわいで圧倒されるほどでした。

【収益金は海外ボランティア活動支援へ】
 チャリティーバザーの収益金は、各連合会が支援している 国々の海外支援プロジェクト費用に充てられます。
モザンビークでは「太陽中学校支援」
ホンジュラスでは、「青少年健全育成」「エイズ孤児支援」
マラウイでは「医療従事者支援」
ネパールでは「エカタアカデミー」「医療支援」
など、その他の国においても、海外の学校運営費、里子支援にあてられるなどの海外ボランティア活動の支援金となります。

【エンターテイメントを楽しみながらのティータイム】
 今年は、オカリナやハーモニカ演奏、ベリーダンス、南インド古典舞踊、舞踊など、さまざまな演技披露がありました。
ホテルの大宴会場で、5つのグループの素晴らしいエンターテイメントを楽しまれながら、ゆっくりとお茶とケーキをいただきながら、お越しいただいたみなさんの交流の場となっております。

【開催しての感想】
大阪全体のイベントで、一年を通して大きなイベントのため、開催するまでは、細かな作業がたくさんあり、とても大変です。しかし、開催してみるとたくさんの方にお越しいただき、苦労も吹き飛んで喜びに変わります。 お越しいただいたみなさんに感謝申し上げます。

<チャリティーフェスティバル実行委員会:中村>