国内活動

福島第3連合会国内海外支援活動

 
東日本大震災と津波、原発被害を乗り越え  世界平和女性連合
  • 事務所でフリーマーケットを開催
    事務所で
    フリーマーケットを開催

  • 支援国のトリニダード・トバゴを訪問
    支援国の
    トリニダード・トバゴを訪問

  • 品物代は海外支援募金箱へ
    品物代は海外支援募金箱へ
     

  • 事務所でオカリナ教室のコア活動も
    事務所でオカリナ教室のコア活動も

  • ミャンマーの「さくら専門学校」の洋裁授業
    ミャンマーの
    「さくら専門学校」の洋裁授業風景


■福島第3連合会の国内海外活動■

~愛の福袋を被災者へ、支援金を学校支援等へ~
・事務所を拠点に
・地域に広がるボランティアの輪
○トリニダード・トバゴ
○ミャンマー
○インド
○コスタリカ、支援
○東日本大震災被災地支援

-----------------------------

【チャリティーショップ開設】
 世界平和女性連合(WFWP)福島第3連合会は海外支援活動に力を入れています。
当初はフリーマーケットに出店した収益金で支援してきましたが、2005年に事務所を兼ねチャリティーショップを開きました。
 会員が周囲に呼びかけて、家庭で眠っている衣類や雑貨など集め、お客様はお店の気に入った商品を買い、代金を募金箱に入れます。「バザーの品に」と提供してくださる購入者もいて、嬉しい循環が生まれています。
 お店では海外支援の報告会や教育セミナー、オカリナ教室、体操教室なども行い、イベントにも活用しています。ここでの出会いが、海外支援や国際協力、WFWPの活動に関心を持つきっかけになり、10年目を迎え地域への定着を実感しています。

【海外の女性たちの自立支援】
 収益はトリニダード・トバゴ、ミャンマー、インド、コスタリカでのWFWPのプロジェクトを支えています。
 トリニダード・トバゴでは学校や地域でエイズ予防教育、ミャンマーでは職業訓練校「さくら専門学校」、インドでは「新インド教育職業訓練センター」の運営に活用されています。
貧困のため学習の機会を与えられなかった女性たちが自立し生活が改善されたという報告を聞き、喜んでいます。

【津波被害から復興へ】
 東日本大震災ではいわき市も津波被害に遭い、原発事故に伴う風評被害は今なお続いています。幸い事務所の被害は軽微だったので、全国の連合会が始めた被災地支援・愛の福袋運動の窓口として福袋を被災者に届け、支援金を学校に贈りました。
 まだ復興の途上なので、本格的な活動はできませんが、今後は活動を充実させ、事務所を拠点に、ボランティアの輪を広げていきたいと思います。